妊娠中の体重管理法

サラダ

妊娠中は太りすぎないように、産婦人科から言われたことのある方も多いのではないでしょうか。
以前に比べ、体重管理は厳しくないものの、やはり太りすぎると出産の時に産道が狭くなってしまったり、産後に体重が戻らなかったりと困ることも多いです。
無理なくダイエットをすることが妊娠中にはとても大切です。

妊娠中もちょっとの工夫で体重管理

食事の順番を意識してみる

ごはんを食べ過ぎたり、甘いものを多くとったりしていませんか?
妊娠中おなかが減るのは仕方のないことです。食べ過ぎないよう気をつけるためにも食事の順番を見直しましょう。

まず、始めに口にするものとしてはスープやサラダなどの野菜が良いです。
次に肉や魚などのタンパク質、最後にごはんなどの糖質を食べましょう。

これは食事により血糖値が急に上がることを抑えるため満腹感も得られやすく、太りにくい方法としてとても効果があります。
順番に気をつけるだけならなんとなかりそうですよね。

適度な運動

安定期に入るとある程度運動ができるようになります。
マタニティスクールなどに参加してヨガやスイミングをすると運動によりリフレッシュできるだけでなく、他の妊娠中の方々とも交流できるのでとても気分転換になります。

あまり社交的じゃないから、という方は家で行えるマタニティビクスなどのDVDも今はたくさん市販ででているためおすすめです。

便秘を防ぐ

妊娠中の悩みとして一番多いものが腰痛、二番目に便秘、と言われています。
普段から便秘がちの方にとって妊娠中はホルモンの乱れから便秘がひどくなり、さらに後期になるとおなかも圧迫されるのでより悪化することが多いです。

そんなときヨーグルトや食物繊維の多いシリアルなどを試していただくのももちろん良いですが、なかなか改善しないときは早めに産婦人科に相談しましょう。

市販の薬で手持ちがあるから、という方も妊娠中は使えない便秘薬もたくさんありますので必ず医師に相談してください。

0-03

妊娠中は体が思うように動かず、イライラしたりストレスもたまりやすくなります。無理のない体重管理を行い、無事に出産して産後もスリムな体型を維持できるよう、ほんの少し心がけてみてください。